夜の散歩

Netflixで「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」の新シーズンが配信開始されたので早速、休日を使って見ていた。ある痛ましい出来事がきっかけとなり受刑者たちの感情が爆発し刑務所内は未だかつてない程に抑制のきかない状態になっていた。映画だと、ある程度の時間で見終えることが出来るがドラマだと一気に見続けるにはかなりの根気がいるし、一話一話集中して見るにはそれこそ疲れてしまう。だから、寝る。起きて見る、また寝る、目は閉じて声だけが聞こえる中、まどろみ続ける。内容が頭に入ってこないことこの上なく雰囲気でただ見てることが多いのだ。ドラマや音楽、映画、本等、その作品について語れる人がうらやましい。感受性とか、共感力、思考力、そういった能力が向上するような訓練はないものか。インプット、アウトプットが両方出来るようになりたいな。しかも高クオリティーでね。まぁバカなんで出来ないのは仕方ないけど。って卑下するのは良くないな。やってやれないことなんてないのだから、ブログを続けて行こうとまた新たに決意をした次第。だって、休日に話す人のいない自分に出来ることはこの、インターネット回線を使って誰に向けてるわけでもないが、そこには無限の見えない未来の閲覧者がいるなんて想像してというかそういう意識がはっきりとあるのだから、それは対人に向けて語り掛けているものなんだよね。それは、個人的な日記とは別なものでここにはしっかりと虚勢と虚飾が混じっているけど嘘じゃない。そこだけは、誰にも見られない秘密のノートと変わらない部分だと思う。良い文章書く人に見られたいとかそういうクソみたいな考えが頭をよぎってくる内はまだまだひよっこでそんな考えが浮かぶよりも伝えたい熱量が上回った時こそがへたくそな文章でも達成感を得られるのだと思うし、それは大きく言えば自分を獲得することになるのだろうな。

 

話は変わって、最近ストレッチを辞めた。もう何年も前に腰がだるいことになって、ネットで効果的なストレッチなるものを調べて、毎日続けてみたり、3日に一回とか間隔を空けたりしながら実践してきていたけれど、何年もそんなことを続けて分かったことはストレッチの才能が自分にはないことだ。それは、ここ2週間一切伸ばすことをしなくなってからの方が断然調子が良い。強くし過ぎたのか、やり方がまずかったのかは分からないが、すくなくとも自力で腰痛を治すとかそういったことはやめた方がいいのだろうと悟った。それでも、症状が悪化するようなら整骨院などプロの方に任せとけばよいのだ。何年も続けて来たことが逆に体を痛める原因になっていたのかもと思うとちくしょー金返せと払ってもいないものを請求したくなるが、この気付きで痛みが緩和されるなら許してあげようではないか。発想の転換というイマジネーションを働かせた自分にかける言葉はこれしかない。「もっと早く気づけよ」

 

夜の散歩って音楽ライフなるものの質をグッと高めるな、なんて最近歩きながらよく思う。目に入る情報が少ない分、意識が入ってくる音に集中するのかもしれない。それが心地よくて最近は好んで暗い夜道をイヤホンつけててくてくと歩いてる。ウォーキングは1日20分すれば良いらしいが、アルバム一枚聴き終わらない時間なんか物足りないのだ。平気で1時間~2時間くらい歩いてしまう。寝る時間が少なくなっても構わない。そして、朝起きて、後10分でいい、寝かせてくれ、と鳴りやまないアラームに慈悲を請う。

 


水曜日のカンパネラ『メロス』

このグルーヴを排したと断言して良いものかどうかという一点に固執してしまうのは、断続的な部分ごとに生み出されるフックと変拍子と力強く打ち付ける鼓動が身体に直接鳴り響くかの様に刻まれるから。何を言ってるのか自分でも分からないのですぐに記憶から消去して頂きたい。曲とは全く関係ないけど、コムアイさんに悩み相談とかしたらすっごいいいアドバイスしてくれそう。

fantastic drag

集中力とはどうやって鍛えればよいのであろうか?普段、考えるなんてことはしてなくて悩んでいるだけであって、頭に浮かんでくるのは不安ばかり。次々に浮かび上がらせることにかけて右に出るものはいない。次から次にやってくる悩み、このマルチタスクをこなすなんて出来るわけもなく結果的に不安の元は色褪せることなく心に住み着くのである。案件を抱えすぎて何から手を付けていいやらと頭を抱えているうちに毎日は過ぎていく。集中力というのは鍛えるためにはまず環境の改善が必要であるらしい。例えば、本を読みながら音楽を聴く。パソコンやスマホ、TV、そういった誘惑が目に入る状況での勉強、そういった集中力を途切れさせる様な事やものを極力排除する。つまり、人間が集中するためには「1つのこと」にどれだけのめりこめるかが大事なのだ。ものを考える時、一つのことを考え始めて行き詰まり、全く別のお題がカットインしてきて無意識のうちに初めに考えようとしていたことが出来なくなっていく。続けているといかんいかん、と思い直しまた初めのお題を考え始め、行き詰ってまた別のといった具合のループ。そんなことがすごく多いのだ。最近そのことに気をつけようと心掛けている。不安な事があると「何をしていても」そのことが頭を必ずよぎる。人はきっと不安な事の方が人生にとって切実なので比重は重くなる。つまり、「今していることを楽しめず」、結果、集中が出来ていないのだということになるので、もう大好きな事を心から楽しむために、悪い考えが浮かんだ時点で、「集中、集中!」とすぐに切り替えることにしてる。そうして訓練を積んでいけばきっと集中力が付き、「楽しむべき時に楽しむことができる」し、必要以上の悩みを抱えることが減ってくるのだとも思う。

 

 

昨日か、一昨日にYOUTUBEにUPされた、『Have a nice day!』に『大森靖子』がフィーチャ―した曲がとてもとても良い。もうそれはとてもとても良い。

 


Have a Nice Day!(ハバナイ)「Fantastic Drag feat.大森靖子」

 

ボーカル、浅見北斗の身体性はライブを見た人がいれば一発でやられてしまうだろう。男だったら憧れ、女だったら惚れる、男だって惚れるし、女だって憧れる。東京のアンダーグラウンドが生み出したとしかいいようがない程に、彼は幻想的で退廃的な東京を魅せてくれる。一瞬の快楽を求める為に僕らは彼らの音楽を聴く。だって、見つけたから。自分達だけが愛せるものを。7/5(水)tsutaya o-eastでこの2マンでのライブがあるので早速チケットを購入。時は来た!

 


大森靖子「TOKYO BLACK HOLE」MusicClip

 


Have a Nice Day! (ハバナイ) - Blood on the mosh pit (MUSIC VIDEO/新編集版)

 


Have a Nice Day!「Fallin Down」

おかしくなりそうな夜を何度も越えて!

人にどう思われてしまうのかを気にしすぎるあまりに自分の考えた事柄をそのまま表に出すことを躊躇することが自分の欠点だと思う。その他人の目を気にしすぎることで黙殺してしまう自分殺しがどれだけ自分で自分を傷つけているのかを分かっていないのだ。自分を大切にしない人間が人に対して寛容になれるなんてことはないはずで、他人を傷つけないように言葉を選ぶとは違って自分が傷つくことを恐れて内に秘めてしまう思いは自分の大切な気持ちは死んでしまうのだ。そんなことを考えている。明日からまた学校が始まるのだが、自分の思いをなるべく殺さずにしてあげたいな。判断基準は「相手に嫌われないか」ではなくて「相手を傷つけないか」という見方に変えるのはどうだろう?きっとその考え方で人と接すれば、存在しない恐怖、自らが作り出した恐怖が消えてしまうのではないだろうか。意識はおのずと自分から他者へ向かう。そして今まで身動きが取れないまま苦しくてもがいていた状態から踏み出せる安全な道を見つけ出し前へ進むことが出来るはず。勇気なんていらない。もう恐怖すらないのだから。例えば話をしたことすらない相手に話しかけるとき、声をかけただけで相手を傷つけたりはしないはず。イライラさせたり、うざいと思われたりはするかもしれない。それに関しては相手の気持ちなのであまり考えても仕方がないじゃないか。自己完結感がほとばしる内容だなと、でもブログって自由だから。明日もまた3000字目指して頑張るぞおおおお!

惑星タントラ

乃木坂46が好きな僕です。好きになったきっかけが「君の名は希望」という曲が好きになってというのは、かなりポピュラーな入り方な気がしますがまさにそれからなんですね。曲から入って、PVを見たおしてバラエティー番組をチェックしてってやっていたら全員の名前を言えるようにまでになって好きなメンバーがコロコロ変わって自分のフットワークの軽さに気づいたりしつつ最近は斉藤飛鳥さんに注目しているのです。マイペースでおっとりしてるんだなぁと思わせたり芯がしっかりしてるなぁとかクールだなぁとか変なツボがあって変なとこでずっと笑ってるなぁとか彼女の言動とかが予測できなさ過ぎてでもしっかり筋が通ってるのがいいんですよね。顔が小さくてとてもとてもかわいいのです。

 

そんな素敵な彼女がMONDO GROSSOとコラボした曲がこりだ。


MONDO GROSSO / 惑星タントラ (Short Edit)

MONDO GROSSO大沢伸一のソロプロジェクトで今年の6月に出るアルバムでは様々なアーティストと組んで作るというコンセプトがあるとのことで作詞やくしまるえつこ、ボーカル斉藤飛鳥がこの惑星タントラである。正直、この歌詞は苦手だと始めは思ってたけど(歌い手の持ちうるであろうそれとのあまりの乖離)聞けば聞くほどにそれは早計だったと思ったのだ。表面的な字面だけをみたらきっとそうなるのだけれどここで言われる閉塞感や無力感みたいなことって斉藤飛鳥を画面上で見て感じたことがあった!と気づいたのだ。そうしたらとっても良い曲じゃないかと180度の方向転換をした次第であるのである。

マジ恋5秒前!

soundcloud.com

住所不定無職、Magic, Drums & Loveのギター℃-want you!(シー・ウォンチュー)のソロである。甘いムードでささやくような歌声にキュンとするのは俺が男だからなのか。どこかで聴いたことのあるメロディーであることはそうなのだけど、そんな音楽あるあるなんて関係ないね。シュガーベイベー、シティーボーイから連想される日本のポップスへの意識の表れ、ユーミンや日本語歌謡といった懐かしきフレーバー。キラキラと輝く瞳も落ち込んで枕を投げる夜も全て過去となる。しかし、その瞬間瞬間を人は生きているしそれを音にして鳴らす事は生の最高密度のリアリティーとして色褪せないのだ。

そして、、

30代にはきっとわかるだろうDON`T TOUCH HER!(demo)における広末涼子とのシンクを。ボーダーのTシャツと~って聞こえたらいつだってあの飛び切りの若さ!エネルギーが脳内をスパークする感じ。

サイドステップを良くチェックしとけ!

the xxというバンドを知っていますか。2005年結成当時は16歳。僕は今年の始めごろ出たアルバム「I see you」で初めて体験したのですが何故かわからないけどものすごく強い求心力がこのアルバムにあって何度も聴き返してます。そして、最近twitterのリンクからこの動画に出会った。


The xx - Islands (Later Archive 2009)

 

こちらは2009年リリースのファーストアルバム「xx」に入ってる曲でシングルでもリリースされてます。このころはまだ4人編成だったのか。ゆらゆらとステップを踏むことを誘うような心地よいリズムが続く感じと中盤の音の風景が少し開ける所のあくまでも少しというところにエンドレスリピートしたくなる快感がありますね。

 

そして、こちらは冒頭でも書いた「I See You」収録曲のI Dare You'ファーストアルバムを出した2009年が終わるころにはメンバーが1人脱退して以降、3人で活動している。


The xx Performs 'I Dare You'

 

ロミ―、オリヴァー、ジェイミーの3人が作り出す世界は、静けさがいつでも同居している気がする。常に音はなり続けてはいるが寂しいのだ。そこが好きでもある。聴いている時の心情を静かにそっと震わせてくれるような、そして緩やかに前を向けせてくれる強さもある。そのおしつけがましさのないやさしいところをたまらなく愛してる。

クソが世界と吐き出せたから大丈夫

あぁ、こんな生きづらい世界を作り出してしまった自分を責める気持ちにはなれない。でも、これから色んなことをして少しでも人生が楽しくなれる様に努力しなければならないのだろうと感じている。人の視線が気になり過ぎてどうしたら自分らしく生きられるのかとネットで視線恐怖症について一つ一つ書かれている記事をザーーーーと読み進めると、「自分に自信をつけること」が大抵書かれてる。今、一番悩んでいることは人とうまくコミュニケーションをとれないということだ。学校に通っているのだが入学して2カ月も経つのに、全くクラスの中で馴染めていない。話をする人は1人だし、その人が近くにいないと誰も話が出来る人がいなくなるという現状。唯一話が出来る人ともとてもぎこちない会話しか出来ないと自分で分かってもいる。つまり俺は1人ぼっちである。そんなことを毎日毎日思い悩んで精神的に落ちるとこまで落ちているし、あー死にたいと何度も頭をよぎる。いや、実際に死なないけどね。でもやっぱり死にたいと思うのだ。

 

人と会話をするということは自分の考えていることを相手に伝えることもその1つだと思うしそれをしなければ相手に話を続けさせるだけになってしまう。しかし、頭が空っぽの俺は普段からもちろん何も考えてはいないので、話を振られても実際に何も思い浮かばないのだ。いや、浮かびはするけれどどれも相手の言ったことへの同意であったり会話がグルーブしないものだらけのものなので、そんなことしか思い浮かばない自分が嫌になって結局返事をするだけでまた相手の話を待つだけになってしまう。自分の頭の回転が遅すぎて、でも何か気の利いたことを言わなければとテンパることだけはいっちょまえでそんなことの繰り返しをずっと続けている。当然、話をすることが怖くなって関わることを億劫に感じて休憩中も1人。そんな状況でいること自体が恥ずかしいしあの人いつも一人だよねと思われて同情されていたりするのだろうな、ださいやつ、学校辞めちゃえばいいのにとか思われてるんだろうな、とかそんな他人の思っているであろうと自分が勝手に思い込んでいる声を反芻させて心がもっと疲弊する。そんな時は、スマホツイッターとかをただひたすら見続けて時間をつぶすのだけれど、内容なんてまったく頭に入らない。ただ、字を追っているだけで頭の中はつらいつらいつらいつらいという気持ちでいっぱいだからだ。こんなに生きづらい世の中であっても生きていこうとはしているし、この先、もっと生きやすい世界が待っていると希望は微かに感じてる。

このブログは、そんなどん底にいる30代の男が、自分の言葉を獲得して無事学校を卒業していくまでの日々の生をつづって行こうと思い始めてみました。自分の言葉というのはきっとどこかに吐き出した分だけ得られるのであろうと考えるに至りました。なので書く内容なんてのはきっとなんでもいいし、うまく書こうなんて思わないようにしないと、書くこと、吐き出すことが難しくなってくる。ここで、高らかに宣言したいのは無謀とも思えるがやってやれないことはない目標だ。毎日3000字を書くということ!今の時点で1298字。後1305字。やってやれないことはない。

 

自分は悩みが多い人間で普通に考えれば中学生か高校生くらいまでである程度解消されるような外見上の悩みもまだ同じ強度を保ったまま残っている。くせ毛とか、肌が黒いこととか、身長が低いこと、目が細い、童顔、毛深い。そんなことについても毎日鏡を見ては悩み続けている。そんな自分ではどうすることもできないものに限りある時間が奪われてしまうというのは自分でもむなしいことだと分かっている。これまでに、そんなに悩んでも仕方ないじゃないかと思うために、鏡を見る回数を減らしてみたり(1日2回、朝出かけるときと風呂上り)して外見にとらわれる時間を極力なくすようにしてみたけど、効果は出なかった。きっと、これらの悩みについても自分に自信が持てないことからきているのだと今はそう思う。人って他人にそこまで関心がないというけど、どうなんですかね?たとえばコンビニの店員、カラオケの店員、特に女性の場合、明らかに人によって態度を変えるじゃないですか?そういうのにいちいち傷ついてしまうんですよ。俺の前、後の客には親切に料金とか時間の説明をしてるのにこちらの番だけ明らかに投げやりでそれは被害妄想とか思いこみとかではないのは、さすがにわかるくらいに投げやりで、それは自分の存在がぞんざいに扱ってもいい人間だと認識されたということで、自信がないからこそプライドだけは高いおれはそんな重いストレートをくらったら3時間は立てませんよ。うじうじと店員へのいらだちよりも自分の存在を責め立てる。俺がもっとイケメンだったら、社交性があって明るい人間だったらと今の自分を否定しまくる。そうすると、鏡を見たくなる。俺は今どんな顔面クオリティーなのか。ぞんざいに扱われるような外見なのかと。どんだけ外見に固執してるんだと書いてて気持ち悪くなって来るけど本当にそんな考え方しかいつの間にかできなくなっているんです。こんな小さい世界で、自分と相手を見ること自体をどうにかしたいけど方法がわからない。明日からまた学校が始まるのだ。嫌だな、ときっと誰もが少なからず感じる日曜日の午後。しかし、嫌だな、とかそんなレベルでなく、明日こそ本当に世界に殺されるかもしれないと絶望している。明日なんて来なければいいのに。だらだらと答えを出さずに書いているけど、それしかできません。読んで欲しいとも思ってないからいいよね。思ったことをまずは吐き出すことが今の自分に出来る最善のことであると信じている。実は、文章を書くことというのはすごく憧れでもあって、自分は音楽が好きでサブカルチャーが好きでそういうものを作っている人と、それを批評する人が好きでそれらすべてが知的なことであるという考え方がすごくあって、いつか自分も人を惹き付ける魅力的な文章を書きたいとずっと思っていた。ただ単に思っていた。そういう自分から見て魅力のある文章を書く人というのは一番自分が手に入れたいと願っている「自分の考えを伝えることが上手な人」なのだ。元々の地頭の良さというのはこの際考えずにどうすればあの人みたいになれるのかについてこちらが努力できる部分を徹底的にこなしていくしかないのだろう。それには、とにかく文章を書きまくる。そんな自分努力以外てんでダメですから・・みたいな思考停止野郎と言われてもそれしか出来ないのだよ。だらだらと、わかりきったことをしゃべり続けるクソばばぁみたいな人もいて、そんな奴は死んでしまえと思うけど、そんなの話をただただ、相槌を打つことでしか関わりあえない人間である自分が悪いんだよ。お前の話は面白くないからめっためたにぶった切ってやるという高尚な考え方が出来る会話スキルを身に付けたい。こういう事を書くことってブーメランになるというのもわかってる。だって、俺の話の方がつまらないのだから。返ってくるんですよね、汚い言葉って。荒んだ心を武器にして戦うことはいけないことかい?それがモチベーションになってりゃいいんでないのかな!それだけでもないしな!

 

あっでもやっぱりブログは見てほしい気持ちもあるので好きな音楽は載せていきます。

結構詳しい方だと思いますのでそれだけでも見て、音楽ライフが楽しくなって貰えたらいいなと思ってます。こんな、情報社会で詳しい方とか書いたら恥ずかしいですよね。

 


小沢健二 - 流動体について

 

もう、この曲めっちゃ好きでシングルはもちろん発売日に買いました。歌詞に関してはしっかりと見れてはいなくて単純に弾むようなメロディーとえらくポップな音達にいつ聴いても楽しくなれる所がこの曲の好きな所です。PVが5/31に公開されてまた聴きはじめたのですが、やっぱりすばらしく楽しいです。ストリングスとギターの心地よい歪みとクラップユアハンズがこの曲の持つ祝祭感を盛り立てる。泣けちゃう。夢眠ねむタートルネック姿がエロクナイスか?抜けちゃう。