僕は奇蹟をまっていた~なんて単純でバカな俺、に気づかされた俺

早いものでもう10月に入りましたが、1年の内、これからが1番体感速度的に刹那らしいので気をつけましょう(何を?)お互いに。

 

最近と言ってもここ2カ月くらいに映画を2本見てきました。映画館へ行くのは久々でどちらも楽しめたのですが、特に「カメラを止めるな!」は劇場で見れて良かったなと思いましたね。おもわず笑えるシーンがそこかしこにあって、それだけでもかなり満足出来るのですが、そこに同じスクリーンを見ている人たちの笑い声も合わさって余計に楽しむことが出来ました。取り返しの利かない一発勝負で、グダグダになりながらも、何とかやり遂げようと奮闘する、愛すべきボンクラたちの成長物語として私の目に写りとても感動してしまいました。


映画『カメラを止めるな !』予告編

もう1本は「サニー/強い気持ち強い愛」。原作との比較をしてしまうと、どうしても気になる点が出てきてしまうのは仕方のないことなので、まだ見られてない方はフラットに、今作の方から見ることを強くお勧めします。むしろ、今作を見るのであれば原作は見ない方が・・・な出来上がりになってたと思います。それでも、役者陣の演技力には圧倒される所も多く、ツンと涙腺が緩んでしまうのもそれがあったからこそなので、一見の価値はありあり!だと思います。


「SUNNY 強い気持ち・強い愛」予告

あと、テーマ曲。1995年2月発売。

小沢健二の「強い気持ち 強い愛」の歌詞を読んでみたのですが、ものすごい人ですね。

映画を見た後、自宅で歌詞を見ながら、時代背景や、どうしてこの曲がタイトルになり、劇中(エンドロールではない)で「一曲丸々」使用するのか、その理由についてあれこれ考えてたら、1人で泣いてしまいましたね。1995年に、この曲がポップソングとして日本のあちらこちらで鳴っていたことに震えます。


小沢健二 - 強い気持ち・強い愛 Official 魔法的字幕

 

 

 

カッコいい!

休みの日は家で過ごすことが好きなのですが、ベッドに横になっているといつの間にか寝てしまって時間がもったいない気がしてくる。本を読んだり音楽を聴いてたりするので横になってると眠くなるのは当然だろうけど、日中に1時間位、定期的に寝て起きるを何度も繰り返してると脳がグニャっと歪んでしまったような気持ちの悪さや居心地の悪さを感じてしまうので、夜寝るとき以外はベッドへの立ち入りを禁止にしてみたり、ほとんど一日中音楽を流しているので、音に合わせて自分なりの踊りを繰り広げたりしながら健全な生活習慣を手に入れる為のあれこれを試している。

 

spotifyの新譜を聴きながら気になった曲はダウンロードして今、1~6月までの上半期私的フェイバリットミュージックをプレイリストにぶち込んだのを聴いている時間が楽しい。spotifyは洋楽が充実している。apple musicよりも新譜が多い所も気に入っているし、スマホでの操作性が機能的かつスタイリッシュな所も良いよなと自分では思っている。

open.spotify.com

 

youtube私立恵比寿中学「感情電車」のPVを見て、関連動画として出てきたツアー最終公演終了直後の舞台袖でのサプライズで号泣するメンバーを見てもらい泣き。よく頑張ったから、もう、ここでなら、泣いてもいいんだよ、というエビ中を支えてきたスタッフの優しさも感じられる動画だった。感情電車は胸を打つ歌詞とメロディーでとても良い曲でPVでは「メンバー全員」で旅行に出かけた模様が使用されていて、みんなホントに楽しそうにふざけ合い、笑っているのが最高だ。


私立恵比寿中学 『感情電車』Music Video

 

最近よく聞く曲。4人ともカッコいい。


Rita Ora - Girls ft. Cardi B, Bebe Rexha & Charli XCX (Official Video)

 

ブルゾンちえみはミステリアスだ。カッコいい。


ブルゾンちえみ カバーMV第三弾! Royal Flush「New Rules」

ゴールデンウィークはこれで終わりさっ!

5/1 キャパ2400のzepp diver city tokyoにHave a nice day!のワンマンライブへ行ってきた。2015年のリキッドルーム、2017年のO-eastと着実に大きくなってるハバナイが無銭ライブとはいえこの会場を単独で埋め尽くしたのはとても嬉しい。会場入りするとDJ aprilが開演前のDJでunderworldのborn slippyをかけているところだった。モッシュピットと呼ばれる空間を柵で囲んでおり、リストバンド保持者が入ることを許される場所だったが開始早々、何故私は保持者にならなかったのかと後悔することになった。ライブの盛り上がりを左右するのは音楽と演者のパフォーマンス、フロアで汗を流しながら体を躍動させる観客で、今回、モッシュピットの柵があったことでそれを境に、明らかにフィジカル面だけみれば温度差があったのだ。この温度差はまるでリストバンドをつけていないやつは程ほどに盛り上がるようにとお達しがあったのかなというレベルでもちろんそんなものはないのだけど、実際あの場にいたらその空間をモッシュピットレベルにするのは不可能に近かった。私はとてもメンタルが弱く自意識の塊みたいな人間なので近くの人が観た感じクールに決めているとそれを振り切って盛り上がれないから、気持ちと体の動きが伴わずに感じていて、だから何故私は保持者にならなかったのかと思ったのです。そんなことを思いつつもライブはそれでも最高で、開演早々、ステージ上には巨大スクリーンが張られそこに映っているのはSiriにhave a nice dayと訪ねているスマホ画面だ。have a nice day「今日が最高の日になりますように」。ハバナイを聴かせて。「聞き取れません」ハバナイを聴かせて。「西野カナですか?」ハバナイを聴かせて。「この曲が見つかりました。」と最後に出たのは今回の主役にして知名度では西野カナに1億倍離されているハバナイのアーティスト写真が!あーもう最高じゃんってなった。スクリーンの後ろでシルエット越しに見えるハバナイがこの曲を演奏してライブが始まった。


Have a Nice Day! ハバナイ - LOVE SUPREME (MUSIC VIDEO)

イントロの2周り目でスクリーンがバッと開き彼らの姿を見た時は、カッコよすぎてびっくりしてしまった。あの瞬間を切り取れば世界中で一番カッコよかったんじゃないかな。そこからは、おなじみの曲が次々と演奏され、途中のMCではめっちゃ盛り上がってる(最初に会場のモッシュピットとの温度差を書きましたが、それでも熱気はすごいのだ)のにも関わらず、客席をミジンコの動きと言い放つボーカル浅見さんに萌える私。大森靖子が登場しfantastic dragを披露。


Have a Nice Day!(ハバナイ)「Fantastic Drag feat.大森靖子」

後半にお互いの顔を近距離で見つめあいながら歌う2人を見ていたら「映画だこれ」と思ったよ。そこからストーリーが始まりそうな、そしてそれはとても悲しく美しい話になるはずだ。時間はあっというまに過ぎていく。are you ready、forever young、後さいごにもう一曲やった気がするけど度忘れした。


Have a Nice Day! - フォーエバーヤング @ りんご音楽祭2017

 

ハバナイがとてつもなく有名になるその日を夢見て、8月に出る新譜を待ちながら、いつかとてつもなく大きな場所でハバナイの音楽が聴きたいなと思った夜でした。

頭が回らないの話

なんか最近というかここ2.3日の間調子が悪くて苦しかったのですが、今日の夕方頃くらいに回復してきました。その前は絶好調だったので、思い当たることといえば久しぶりの喫煙と1時間しか寝てないのダブルパンチが尾を引いていたのかなとおもいました。まぁ時間の長さでも変わりますが今後も睡眠不足なんていうのはある時はあるし、じゃあタバコやめようと決めた時に、タバコ吸ってるやつでも調子良いやつはざらにいるよな、タバコは関係ないんじゃねーの?という気持ちになる。でも最近の体調の変化からすると可能性としては大ありな訳でタバコ吸っても調子が良い人もいて悪くなる人もいるその違いはどこからくるのだろうか。それはきっとバロメーターの違い。欽ちゃんの仮装大賞のあれみたいに合格点を越えればあとは何点でも大して変わらない、しかし合格点行かななければそれは不合格、この合格ラインが調子が良いと悪いの境目なのだ。人がものを考えることが出来るのはその合格ラインより上にいる時で、そこさえクリアしていればラインぎりぎりだろうが高すぎて見えないだろうが日常生活にそこまでの差は生まれない。タバコを吸っても大丈夫な人はタバコのせいで点数が下がっても大丈夫なくらい合格ラインよりだいぶ上にいる人なのだ。両方とも考えることは出来るし出来不出来は別として考えることがそれなりに楽しめる。最悪なのはラインぎりぎりにいた人がタバコを吸うことで不合格になった時だ。つまりこのラインより上か下かというたった1ポイントの差が、ものを考えること、人や物に興味を持つこと、楽しむことに関してとてつもない影響を与えているのだと勝手に解釈して禁煙の決意を固めました。



再び逢うための遠い約束

悩んでいる間は塊魂のようにどんどん色んなものがついて膨れ上がり回り続けるが、考えているときはゴールに向かって走ることができる、悩むから考えるへ、しかし、始めは解決策が見当違いだったり、そもそも考えるのがめんどくさかったりで特に根深い問題や大きな悩みに対しては良い解決策が見つからないだろう。そんな時に諦めてしまうのはもったいない、悩むことは一人前だが考えるということを今までしてこなかったので当然だし大きな問題に対してならば尚更である。ではどうするか、それを考えられるようになるまでの経験値を積むことだ。人間生きていれば日常生活で腹立つことや疑問に思うこと、なんだかわからない心のモヤモヤなどがあるはずだ。まずはそこに気づくことが大事。それに対して、いちいち悩むのではなく「考え」、対策を練り、必要であれば実践していくという一連の流れをいくつか行っていくだけで「悩む」ことは無くなる。そして、驚くほどあっという間に考えることが普通になり、解決策の制度やそれを導き出すための速度が上がって来るのである。そしていつかは大きな問題を解決出来るまでになっているのだ!

久しぶりの更新

今日もまだ夏が続いていると実感する暑さでした。夏休みが終わり明日から学校が始まる。久々に会うクラスのみんなはどんなだろうか?髪を染めていたりして休み前とは違った印象になっているのだろうか?みんなが楽しそうな顔をしているといいななんて今日が終わりに近づくにつれて思う。

 

さて、わたくしの夏休みはというと、ランニングシューズを買い(普通のスニーカーとは比べ物にならない程走りやすい)ジョギングを始めた。夜、近所の公園の横を通る緑がわりかし多いコースを走ってる。時間帯と、走る環境と、ランニングシューズとでとにかく気持ちが良い。これは、一番の収穫だと言っていいだろうな。5分も走れば汗がぶふぁと吹き出て来る。途中で3分程歩きまた5分間。ざっと15分程で終わる簡素な感じも気に入っている。なるべく軽い靴を買った方が良いのかと思っていたけれど調べてみたら、軽い分、シューズとしての機能性をそぎ落としているため、初心者は靴底のエアーのしっかりした、少し重さを感じるくらいのものを選ぶべきだと知りなるほどなぁと勉強になった。asicsのfuzeXで1万円ほど。一時間くらい悩んで選んだ甲斐あり、走りやすさと膝への負担を感じない保護感でとてもいい感じなのだ。継続することで頼りになるのはやる気なのだけど、モノに愛着をもつことで気持ちも高まるものなのだな。

 

おもに外出をする時に、IPODでおんがくを聞く人だったのですが、最近はもっぱら家で聴くだけとなっている。理由は、「音楽をもっと楽しむため」。買い物しながらとか、歩きながらでもそうだけど流れて来る音楽を聴いてるようで聴いてないことが多いなと感じ、いつの間にかアルバムが終わっていて印象としてぼんやりしてることばかり。タイトルも覚えてないし(そもそも、余程気に入った曲でない限りタイトルを見ることがない)ただのBGMになっていたのだ。それでも好きな音楽が流れていればそれはそれでなんだけど、そればっかりになってしまったらいけないなとも思うわけで。それで、最近は家にいる時に、ベッドに寝そべってI PHONEのスピーカーでただただ音楽だけを聞く。これが音楽を聴く上で自分の中での一番の環境だと確信した。曲単位で向き合える。良い曲はメモ帳に記入。好き、嫌いそんな単純な感情が純度100%で出て来る。その曲、アルバムについて誰かと話をしたくなる程に色んな感想が自分の頭の中で沸き起こる。いやほんとにイヤホンを今後使うことが無くなるのではないだろうかと心配するほどにこの音楽の聴き方が自分にあっているなぁと思い、見つけた!とアドレアリンがドクドクと出て来たとか。まっ聴き方は人それぞれで当然ということですね。

 

あだち充のH2がバリやばいことはみなさんご存じでしょうが、ワタクシは最近ブックオフで集めており全34巻中、24巻まで来ました。主人公、比呂のセリフがとてもとても素晴らしいものばかりで、グッとくるフレーズとして心にしたためておきたく候。アメトークでH2芸人やってくんないかな?ケンコバあたりがバシバシ来てくれそうなんだけど。

どんないいこと / SMAP

禁煙が続いている。禁煙していることを知らずに、パチンコの景品でタバコを貰ってきてくれた人がいて、受け取れば確実に吸ってしまうので辞めたことを伝えておいた。吸いたい気持ちがないこともないが、意外とこんなもんか?と想像してたよりもずっと楽に過ごせている。きついのは、吸いたい衝動というよりも、時間つぶしの方法が無くなってしまったことによる手持無沙汰のほうだ。昼休憩の1時間、10分もあれば食べ終わる食事で、後の50分間ずっと暇なのだ。ずっと。タバコが吸えれば合間合間に抜けて合計20分くらいは時間をつぶせるし、気持ちも切り替えれる。なので、今は空いた時間をどうするかについて考えておく必要がある。体調はそれほど変わらないが、少し顔色が良くなってきたかな。色が若干白くなってきた感じがする。後は、足や手の震えがタバコを辞めたとたんかなり治まった。足の震えに関しては全くない。手の震えも気になるほどではなくなったので一番の原因はタバコだったのだと実感した。精神的に落ち着いてきたことも禁煙と関係しているのかも。急に襲ってくる不安感が今のところない。それは、少しはドキドキしてしまうけれど、絶望的な心理状態(伝わるかな?)にはなっていない。絶望的な心理状態とは、例えば、どこか目的地があって、そこにはある程度の知り合いがいる場所であり、そこに行くまでの間に、色々な不安が徐々にか急にか分からない程モヤモヤしたものがずっとあり続ける感じのものであり、もうその場所に行く道中の「このままの心理状態で行ったら絶対やばい、どうしよう」ということを涙目になりながらそれでも行かなければならない時になる心理状態だ。こんな状態を何度か経験していて、そんな時は、想像がつくと思うが誰とも何も話せない。相手が話してきても脳が働かないので、なんか変な返事をしている。ふぇ~とかは~んみたいなのだと思う。あーとかえーとかだ。こんな状態で人と話せという方が無理な話だし、一番はこんな状態にならない方法をどうにか見つけることが大事。このまま、禁煙が続いてこの悩みがきれいさっぱりなくなればこんな楽で嬉しいことはない。まずは3カ月を目標にしているので、9/21まで続けていけたらいいな。経過報告をしながら、禁煙のメリットを見つけてモチベーションを上げて行こうと思います。頑張るぞっ。

 

実は、つい最近まで携帯が止まってた。原因は料金の未払いです。入るはずのお金が手続き上のミスでだいぶ待つことになって、その間、支払いが出来なかったのです。それが今日ようやく残高を確かめたところ、2か月分のお金が入っていたので、この瞬間、きっと夢じゃないかどうかすらわからなくなった。$10以上は入っていたので気分はJOYだった。もう、どれだけ残高照会をしたか。その度に、もし入っていたらどんないいことだろうと期待してはがっかりしてた。セロリを買うお金もなく、それでもたぶんオーライ、がんばりましょうと自分なりのオリジナルスマイルを貼り付けて夜空ノムコウにある朝日を見にいこうとポジティーな気持ちを盛り立てる。ここまですれば、俺の心は、らいおんハートであり、たとえ目の前にダイナマイトがあっても、青いイナズマが僕を責めてもCan't stop!!誰も僕を止められない。そういう気持ちがいつだってたいせつだ。そりゃ、あまりにも待たされたので華麗なる逆襲に弾丸ファイターを$10で雇ってBANG!BANG!バカンス!しようよと持ち掛けたが、朝日を観に行こうよと逆に持ち掛けられたのでそっと きゅっとスマホを閉じた。そんなはじめての夏をぼくはずっと忘れないだろう。ありがとう。

 


SMAP「どんないいこと」

超好きな曲。スロ―バラード。

 


ENJOY MUSIC CLUB「そんな夜」

SMAP今夜はブギーバック。最高だ。

 

音楽に溺れたいと望んでも、シャッフルで流れて来る曲は、全てが正解じゃないから。正解じゃない曲なんて、入ってる意味がないではないか。時間の無駄ではないか。そんなことを、今までに何度か思い浮かんで、その度にitunesの曲を整理していくのだが、持ち前の貧乏性でなかなか思い切った選択が出来ない。いる、いらないをスパッと決められないのは、何度か聴いていくうちに好きになっていくという経験が今までに何度もあったからである。なぜ、ピンと来てない曲を何度も繰り返し聞くのか。曲の良さがわからないのが怖いから。例えば、この人が紹介する曲やアーティストは間違いないと絶対的な信頼を寄せることがある。しかしたまにピンと来ない曲とかもあって、にもかかわらずどんどん盛り上がりを見せていくとあれっ?これそんなにいいの?と自分の感受性の悪さを感じてしまい、分かるまで聴きこむということをする。結局、何度も聴くから好きになっていくのだけど、自分が無くなっていくみたいでちょっとつらいとも思う。嫌いなものは嫌いだとしっかり決めるのも大事だよな。それは、責任を負うことにもつながる話で。嫌いなものを知ってる事、好きなものを知ってる事、どちらも自分で大切な気持ちということを知るべきである。あと、どうでもいいものを残しておくことも多くて今度からは必要がないものだと決めて捨てていくことにする。こういう、どうでもいい、嫌いなものにたくさんの時間を取られて、好きなものに使える時間が少なくなることって絶対逆の方がいいですよね。だから、今まで以上にどちらなのかをはっきりさせていくことで、音楽で言えば素敵なリスニングライフを送れるということだ。最近のおすすめはと聞かれてもパッと出てこない。どれも記憶に残らない。それは、どうでもいい音楽に時間を費やしてるから。好きなアルバムを何度も聴くことの方が自分の好きに敏感な人になれるだろうな。アルバム単位で好きなものってホントに限られる。何曲かいいのはあるけど他は全然好きじゃないのとかあって今までだったら、アルバムごと残してたけど、これからは思い切って捨ててしまおう。試聴する段階でももっと厳しめジャッジを心掛ける。すべては素敵な音楽をいつでも聴くために。リッスンミュージックにまずは入れておいてその中で、良いと思えたものは2017musicへ移動する。2017musicの中から年間ベストを選ぶ。大体、年間ベスト作るときって、選びきれずに時間がかかるのがだるくて伸ばし伸ばしやってるうちに年明けてるパターンが通例となっている。それもこれも、音楽の管理の仕方と曲とのかかわり方みたいのがずさんだったからに他ならない。今年こそは、年内にまとめられるようにその前段階から準備しておこうかしらね。音楽に限らず、見たいドラマや、映画、小説等にも通じるものがあるのかもしれないな。Netflixにマイリスト機能があり、見たいと思ったらチェックを入れておく。そうすれば、マイリストにその作品が表示されて特に制限もないので入れ放題。最近まで20本くらい入れていたのだけどその時のテンションといざ見るときのテンションは違っているようで、マイリストに入っていても見る気にならないことが多い。なのであんまり多くを入れることはせず最大4作品くらいにしておくべきだと思う。選択肢は少ない程ストレスがなく、選びやすいのだ。小説も一冊読むのに時間がかかるものなのに、ブックオフで100円のものを何十冊もまとめて買って、いざ読むぞとなっても、気分はそうはならない。買ったら読むくらいのスピード感が欲しいものだ。そうそう、スピード感はすごく大事。熱量があるうちに体験しろよばか。